キャンパス紹介

明るく安らぎのある学び舎

現校舎での授業が始まったのは2006年4月。学びのシンボルである図書館を学校の中心に配し、学校全体がコミュニケーションの場となるよう工夫された設計となっています。自然光あふれる明るい空間、随所から目に飛び込む四季折々の自然、「学習の場」と「生活の場」が独立して確保された環境で6年間を過ごすことができます。


主な施設のご紹介

【フォワイエ】
生徒用玄関を入ってすぐのスペース。文化祭ではオーケストラ部やコーラス部が演奏したり、様々なクラブの練習や発表の場ともなります。


【ホームルーム教室】
毎日使う教室は カリタス生の思い入れも格別! 窓から見える四季を感じながら 1年間を過ごします。


【ホームベース】
ホームルーム教室の隣にあるクラス専用のスペース。 下駄箱やロッカー、いす・テーブルがあります。このスペースにより、教科教室に「生活」部分を持ち込むことなく、教室を学習の場として確立させています。


【図書館】
光あふれる図書館には4万冊の本があり、 本選びがとっても楽しいです。 集中して勉強できる「自習コーナー」もあります。


【教科センター:理科センター】
手にとって見られる標本、簡単にできる実験道具、様々な生き物などが数多く展示されています。身近に「理科」を実感できると、生徒にも好評です。


【教科センター:フランス語科センター】
フランス語に興味をもってもらえるよう雑誌や漫画を置いたり、フランスの文化が感じられる掲示物、留学生との交流記事などを展示しています。


【校務センター】
「職員室」ですが、生徒と教員とのコミュニケーションの場所でもあってほしいと、この名称にしました。テーブルや椅子、ソファーが置かれ、昼休みや放課後は質問や相談する生徒であふれます。


【グラウンド】
人工芝でトラック1周は200mあります。


【プール】
半屋内、半屋外型の建物で、最大水深1.55m・7コースの25mプールと、最大水深0.85mのサブプールがあります。


【カフェテリア】
一度に200人が利用でき、お昼休みにはパンやお弁当が買えます。カリタス生の憩いの場です。


【作法室】
ここで礼法を学んでいます。 百人一首大会もここで開催されます。


【講堂】
入学式、卒業式等、主要行事が行われる講堂です。


【聖堂】
あたたかみのある間接照明に 包まれた空間は、とっても心が落ち着きます。



このページのトップに戻る▲